読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー漫画屋しんどい

気付いたらアラフォーになっていた悲しみの漫画バリバリ描くマシーン

最終章が終わってからfgoを始めたよ日誌(1)

最終章が終わってからfgoを始めたよ日誌

f:id:mttb5678:20170125222711j:plain

 

2017年1月20日

昨年末から持ち越した原稿に向かいながら、同じく昨年末に撮りためてあった録画を仕事場のテレビで流していた。
 
このブログに辿り着いてくださった方はおそらく誰も知らないので一応自己紹介しておくと、私は漫画を描く仕事をしている。夫婦で描いている。
お前のペンネーム晒せよ、とかは匿名でブログを始めた意味がなくなってしまうのでご勘弁を。どうせ聞いても「あー描いてる雑誌ジャンプじゃないのね、知らねぇわ」くらいの立場です。
 
うちの仕事場では、いつも漫画の原稿中に録画やDVDを流している。
それはアニメやドラマ、特撮だったり舞台の映像だったりするけれど、画面をずっと注視しているわけではない。基本的に「ながら見」のような感じで、ただ流し続けている。
小学生の息子が大好きな仮面ライダーエグゼイド」のオープニングテーマの時に流れてる映像ってこんな感じだったのか、と、ついこのあいだ気付いたくらいの「ながら見」だ。許してほしい。
何かかかってないと、私が寝てしまうから。だって仕事しんどいんだもん。
一時期はラジオにもお世話になっていた。ラジオもまたいいのだけど、本題からどんどん離れていきそうなので割愛。
 
 
で、fgo だ。
ここまで書いたらfgoが好きな方ならピンとくると思う。昨年末にテレビで放送された、fgo特集の録画が、そこにはあった。
 
fgoってなんぞや。
知らない方もいるだろうから、正式名称を書いておく。
 
 
 
 
読み方は「ふぇいと ぐらんど おーだー」
元は2004年に18禁パソコンゲームとして発売したFate/Stay Nightという作品の、いわばスピンオフ作品といったところだ。
 
18禁作品が元とはいっても、Fate/Grand Orderまでえっちなわけではない。
Fateシリーズは作品の世界観が素晴らしく、過去数回にわたってアニメ化やゲーム化や映画化にもなっている、オタクならわりとみんなが知っている作品だ。
 
えっちなのも大好きだが、これから書いていく記事で誤解を受けるわけにはいかないので言及しておく。
 
 

f:id:mttb5678:20170125224441p:plain

 
 
Fate/Grand Order」は子供でも安心して遊べるスマートフォンゲームアプリです。
現在iPhoneAndroid端末でダウンロードが可能。
 
 
数年前にテレビアニメになったFate/ZeroFate/Stay Night」(UBW版)は視聴済み。
その時も仕事場で原稿を描きながら観ていたのだけど、途中から原稿が手につかなくなった。
 
面白かった。
 
特にZero浪川大輔さん(Zeroの登場人物・ウェイバーくんに声を当てている声優さん)と大塚明夫さん(同じく登場人物・ライダーの声優さん)の演技では涙が止まらなかった。
 
 
だがそれだけだ。
 
 
買ったFateのゲームは部屋の隅に未プレイで積んだまま、実況プレイ動画をちょっと観てプレイした気になっているだけだし、Zeroの小説版も途中まで読んだだけでやっぱり積んである(ごめんなさい)
一番好きなキャラであるウェイバーくんもいまだに「浪川くん」呼びだ(ごめんなさい)
 
 
Fateシリーズって魅力的だけど、作品が多すぎて読みきれないし、プレイしきれない。
そんな理由をつけて、もう何年もアニメだけでとどまっている。
たぶん、面倒くさかったのだと思う。
 
 
だから、「Grand Order」スマートフォンアプリで出るよって話題になった時、私はその波に乗りきれなかった。
 
「ニワカ」だから。
 
全部知ってないと、本当に大好きなファンの人達に悪いような気がして。何となく気が引けた。
 
 
そのまま約一年半のあいだ、私はfgoを無視し続けた。
エアプ(エアプレイ、未プレイなのにゲームをやっているように語ること)でfgoの世界観に触れるのも何だかFateシリーズを馬鹿にしてるみたいで嫌だし、かといって「私はやらない」というスタンスを取るのも無理だった。
 
だって浪川くん(ウェイバーくん)好きなんだもん。
かわいいし。
ライダーとの関係性大好きだし。
 
 
なのでfgoには触れないことで自分を保ち続けた。
時々Twitterのタイムラインに、リツイートなどでまわってくるfgoのスクショ(画像)に浪川くん(ウェイバーくん)いるけどなんで!? って思ったけど。
エッ エッ 浪川くん(ウェ以下略)ガチャで出るの!? マスターじゃなくてサーヴァントなの!? エッ なんで!? って思ったけど。
 
 
そんなfgo、昨年末にゲームの中で最終章を迎えたとやはりTwitterで知って、私はひそかに安心していた。
気になって気になって、だけど色々なことが面倒くさくてプレイしていなかったゲームが終わったらしい。最終章というからにはゲームの更新ももうほとんどないのだろうし、そうすればきっとそのうち忘れ去られて、Twitterでfgoに関するつぶやきを見なくて済むようになる。
そうすれば最初にfgoの波に乗れなかった、そうしてそのままプレイすることのできなかった私のこの一年半を、「まぁそんなゲームもあったね」と笑えるようになる。
 
 
そう思っていた。
 
 
だけど、そんな私の気持ちを見透かすように、それは仕事場のブルーレイレコーダーに録画されていた。
 
 
ちがう。
 
 
fgoの特集が放送番組一覧にあるのを見つけて、正月番組を選ぶついでに録画予約したのは他ならぬ私だった。
 
 
気になっていたから。
 
 
昨年12月、いまだ「最終章ありがとう」の文字で溢れるTwitterのタイムラインを見ながら、終わったのにどうしてこんなに盛り上がってるんだ、ってちょっと憮然としていたから。
 
 
だって終わったのに。
 
 
終わったのにテレビで特集って一体どういうことだよって思ったから。
 
「観るかどうかはわかんないけど」「一応」録画しとくかって思ったんだった。
 
 
 
 
で。
 
 
今年に入ってから。仕事がゆるゆる始まって、20日にfgo特集を観ました。
 
うちの仕事場では、「続けての視聴がどうしても辛くなった場合をのぞいて、かならず視聴する」という鬼のような法律がある。
決めたのは私です。付き合わされている夫、かわいそう。
 
fgoも、「あ〜〜そういえば撮ってあったわ〜」みたいに言ったと思う。
「何これ?」って言う夫に、Fateのゲームだよ」って答えた。「一年くらい前にiPhoneアプリで出たやつだよ」って。
まぁ観るか〜くらいのノリで観ました。
気になっていたので。
私はよく知らないけどFateシリーズ、このアニメ好きだったよねきみも、くらいのノリで。
観ました。
 
 
私は原稿が手につかなくて、だけど注視するのも何だか恥ずかしかったので、他のゲームアプリを開きながら観てました。チラチラ。
 
 
夫「これ何?」
私「だからFateのゲーム。App Storeでダウンロードできるよ
夫「へぇ〜」
私「でも12月に最終章が終わったって言ってた」
夫「ふーん」
 
 
視聴中
 
 
夫「あー…」(急にアニメを観ていた当時の感慨を思い出し始めたらしい反応)
私「」(某音ゲーポチポチ)
夫「……」(真剣に観始める) 
 
「……やる?」
 
 
たまらず言いました。
 
fgoやりたかったので! 正直リリース直後からずっとやりたかったので!!!!
でもガチャがクソらしいだとか仕事忙しいとか色々理由つけてやれなかったので!!!!
 
夫がやりたいって言い出してくれる流れを期待していたのに視聴後そのまま次の録画を観始めようとしたので!!!!!!
 
 
そう。
 
 
仕事は夫と一緒に、同じ部屋でしているので。
アニメFate/Zeroでやっぱり浪川くんが大好きだった夫なら食いつくかなと思ったので。
夫がやるなら仕方ないな〜、私も一緒にプレイしてやるかァ〜って体(てい)で始めたかったのです。
心の底では。
 
 

f:id:mttb5678:20170125234531p:plain

 
 
特集の録画を観終わって、そのままの勢いでダウンロードしました。
もうその時には前のめりです。あーやりたかったんだろうなって夫にはバレていたと思う。
 
ちなみに個人的な知人だけフォローを許しているTwitterの鍵つきアカウントでは、「家人にやろうって言われて始めることになりました」って書きました。
だって体面を保ちたかったんだもん。
 
 
 
というわけで、fgo、1月20日に始めました。
ニワカです。
最終章が終わったらしいのにこれから楽しめるのか?? って感じで正直不安もあったのですが、楽しいです。
現在プレイ6日目。
Lv.44。
 
あんまり感情的にならずに(ごめんなさい)、初心者プレイ日誌が書いていけるといいですね。
 
とりあえず今日はここまで。
お読みくださりありがとうございました。